愛新覚羅ゆうはん
「ラスト・エンペラ―」で知られる清朝の皇帝・愛新覚羅一族の流れをくむ占い師“愛新覚羅ゆうはん”。 生まれながらにして、人の本音や未来を視ることができる透視能力が備わっており、 周囲から不思議がられたり、頼られたりしていた。 本格的に鑑定士の道に進んでからは、対面鑑定、テレビ、雑誌、ラジオ、ブログ等で活躍。特に恋愛鑑定や、 恋を引き寄せる風水が人気で「魔法みたいに当たった」「本当に叶った」と人気を博す。 ファンは恋愛に悩む女性はもとより、著名なアーティストや人気漫画家など多岐にわたる。 これまでの鑑定実績は20,000人。12冊以上の著書を出版し、Amazonランキング1位獲得や重版も多数。 著者累計20万部を達成している。
愛新覚羅ゆうはんの記事一覧