こんにちは、トイアンナです。私は合理的な戦略さえ取ればほとんどの女性が結婚できると思っています。年齢、外見といった要素を跳ね返した成婚のご報告もいただいてきました。
 
ただし、戦略的に動いても本当に結婚できない方がいます。私が100%戦略的な人間というわけでもないので、私の力量不足も大いにあるでしょう。しかしそれを除いても「これは難しいな」と思わざるをえないケースです。
 
それは「相手に求めるタイプに、ウソをついてしまう」女性です。

 

理想のタイプで「自分に嘘をついてしまう」

 

たとえば「もういい年なので誠実な男性と温かい家庭を築きたい」とご相談いただいたとして、誠実な男性が多い出会いの場を紹介したとします。しかし結婚できない女性は「なんか違うんです」としっくり来ません。
 
その内に「ほんとは、話を盛り上げてくれる社交的な男性じゃないと嫌なんです。でも、そういう男性って浮気もするじゃないですか。だから真面目で誠実な方と結婚したくて」と、本音を教えてくれます。
 
そういう女性は婚活で誠実な男性とばかり出会いますが、恋に落ちません。自分がドキドキできるのは真逆の遊んでいそうな男性だからです。どんなに理性で言い聞かせても相性の悪い相手ですから、デートを楽しめず「何か違う」を繰り返します。

 

たとえ結婚向きでなくても「好き」を見つめ直そう

 

もし「何か違う」としっくりこないデートが続くなら……本当に好きなタイプは誰?と自分へ問いかけてみましょう。世間が「結婚向き!」と判定する男性を好きになれなくてもいいのです。そんな彼を愛せる自信さえあれば、結婚はできます。
 
私の例を挙げれば、浪費家の男性が好きです。「好奇心旺盛な人が好き」といえば聞こえはいいですが、何しろ好奇心のままにお金を使うので貯蓄はゼロ。子育てを考えると結婚向きではありません。しかし、好きになるものは好きになっちゃうんだからしょうがないんです。私の場合は自分が貯蓄するからいいや、と腹をくくりました。
 
どんなに世間が褒めそやす相手と暮らしても、いらっとする面もあるでしょう。そんな彼と結婚するよりは、いっそリスクを把握してから「仕方ない、愛してるし!」と踏み込んだ方が幸せになれるはずです。

 

周りに自慢できるパートナーじゃないと不安

 

むしろ「周りが褒めそやすから」という理由で結婚を決めてしまうと、思わぬリスクに足を取られるかもしれません。例えば「周りが医師や弁護士と結婚しているから、ハイスペとしか結婚できない!」と考えたとしましょう。
 
さらに世間の言うことを聞くなら「誠実」「安定」なども大事な要素です。医師だからといって、シリアの難民を治療したい! と夢を語る彼は選べません。また、結婚がゴールではありませんから家庭へ時間を割いてくれることも大切な条件です。
 
となると、最後には「誠実な安定志向で、しかも家庭的な医師」くらいに相手へのハードルが上がってしまいます。それではいくら出会っても結婚へ進むことはできないでしょう。
 
ここまでハードルを上げてしまう女性は高望みというよりも「自分の基準ではなく、世間の言うことに従順すぎる」がゆえに結婚できなくなっている可能性があります。
 

羨まれる結婚をする女性だってリスクを理解している

 

そして一見幸せに見える既婚女性たちもまた、リスクを受容しながら暮らしています。この世に家庭的な激務高給男性はいません。浮気しないハイスペ男子も少ないでしょう。自分に欠点があるのと同じように、どんな好条件の男性にもリスクがあります。
 
結婚は自分が幸せになるためのプロセスに過ぎません。周囲と比較して拮抗できる男性を探しても、いざ困ったとき周りはあなたに何もしてくれません。好きなタイプが偏っていても、責任を取れるのが大人の人生です。無理に嘘をつかず、あなたが幸せになるため必要なパートナーはどんなタイプかを問い直してみてください。
 

 
■数字で答えます!あなたが結婚できる確率は何%?
■姓名判断|もう出会っている?将来の結婚相手
■出会い占い|理想の結婚相手と、もうすぐ出会える?
 

公開日:2017年1月16日
更新日:2019年10月8日


 

結婚】の最新記事
  • 占いは婚活に効く!結婚へ導く賢いスピリチュアルの使い方
  • なんであの子は結婚できるの? あなたの妬む心を救う言葉
  • 「その男、結婚する気無いよ」相手の気持ちがわかる3つの条件
  • もしかして私!?「本当に結婚できない女」の共通点
  • 年齢を重ねるごとに結婚への焦りが?「もう遅い」と思わなくて良い理由
  • 彼との結婚生活はうまくいく?幸せになるために気を付けるポイント
  • 結婚占い|誕生日でわかる!今から3ヵ月間の「婚活運」
  • タロットでわかる!彼氏の本音「結婚したいと思っている?」